中学校の時に歯の矯正をしました

歯列矯正を受けさせてくれた母の気持ち

母が嫌がる私を無理矢理に歯医者さんに連れて行ったのは、私に歯列矯正を始めさせるためでした。このとき私は小学6年生で、ちょうど乳歯から永久歯への歯の生え変わりが終わったところでした。母は昔から、私に対して歯列矯正を行わせると決めていたようで、最後の永久歯が生え揃ったことを確認すると、さっそく私を歯医者さんへと連れて行ったのです。しかし私は、そんな母の決め事を聞くつもりはなく、歯列矯正は行いたくないと思っていました。それは、歯にシルバーの矯正器具をつけなければならず、大きくて目立ってしまうことが恥ずかしかったからです。しかし母は、このようにして嫌がっている私を無視し、無理矢理に歯医者さんへと連れて行きました。母がこんなにも私に歯列矯正を行わせようとしていたのは、自分のようにはさせまいといった気持ちがあったからです。これを知ったのは後々になってからのことだったのですが、そんな母の気持ちを知ったとき、初めて歯列矯正を行わせてくれた母に感謝をすることができました。

母の歯並びは「ガタガタ」という言葉がぴったりなほど歪んでしまっていて、そのせいか虫歯の治療の痕も多く、決して綺麗な歯をしているとは言いがたいものでした。母は私にこのようなガタガタの歯並びになってほしくはないと、幼いうちから歯列矯正をして歯並びを整えておこうとしてくれていたのです。そうして私は歯列矯正を行い、母にの気持ちも知って、今では感謝の気持ちでいっぱいです。

関連リンク

Copyright (C)2017中学校の時に歯の矯正をしました.All rights reserved.