中学校の時に歯の矯正をしました

輪ゴムを使った歯列矯正の方法

直径2mmほどの小さな輪ゴムを見た私は、これが歯列矯正の何の役に立つのだろうかと、その検討が全くつきませんでした。しかしこの輪ゴムは、私の歯列矯正の効果を一気に高めてくれて、そのスピードも上げてくれるアイテムだったのです。私の行っていた歯列矯正の方法は、1本の歯に対して1つの矯正器具を取り付け、それらの矯正器具にワイヤーを通し、ワイヤーの長さを調節することによって歯並びを整えていくというもので、かれこれ半年ほどこれを続けていました。そしていつものように歯列矯正の進み具合を診ていただこうと、歯科医に口を開けて見せていたところ、次の段階に入ろうかという提案をされたのです。その次の段階というものこそ、この輪ゴムを使った方法で、私の歯列矯正の効果を劇的に変えてくれるものでした。その方法は、上下の前歯につけている矯正器具に輪ゴムをひっかけて固定することによって、ワイヤーにさらなる力を加えることができ、歯を動かすスピードを高めてくれました。

ワイヤーだけでも痛かったのに、輪ゴムをかけたことによってさらに痛みが増しましたが、その分綺麗に整っていく自分の歯に喜びを感じることができました。初めて輪ゴムを見せられたときは、一体何に使うのかさっぱりわかりませんでしたが、効果を実感することができてよかったです。こうして2段階の方法を使った歯列矯正の方法によって、とても綺麗な歯並びを手に入れることができました。

関連リンク

Copyright (C)2017中学校の時に歯の矯正をしました.All rights reserved.