中学校の時に歯の矯正をしました

子供の歯を矯正するときに行われること

子供から大人になるとき、声変わりをするということがあります。小学生のときにするということもありますし、中学生などになることもあるでしょう。自分ではなかなか気がつきにくいですが、しばらく会っていない友達などに気づかれるということがあります。声が変わるだけで大分イメージが変わることもあります。大人になるときにおいて、声だけが変わるのかといいますとそうではありません。いろいろな部分が成長していくということになります。

一番は身長などということになると思います。高校生ぐらいまでどんどん伸びていくことになると思います。この辺りで止る人もいれば、まだ成長を続けるということもあります。身長の伸びが止れば、ある程度骨格としては固まってきたということが出来るかもしれません。基本的な体の形が作られるということです。そうなると、問題があるという場合、治すのが難しくなります。子供のときに歯並びが悪いというとき、大人になる前に治しておいたほうがよいということがあります。

そこで、永久歯が生えそろう前に行う矯正があるということです。このときにおいては、あごの大きさが原因であることが多いということです。あごが十分な大きさでないために生えそろいが悪くなってしまうということです。方法としては、抜くことなどによって、行われることもあるということです。抜くというのは少し抵抗がある部分もあるかもしれません。あるクリニックにおいては、あごを広げる措置を取ることで抜かずに行うということです。

関連リンク

Copyright (C)2017中学校の時に歯の矯正をしました.All rights reserved.